Generated with sparks and insights from 37 sources

Introduction

  • 新札の流通開始: 2024年7月3日から新しい紙幣が発行されます。

  • 新札の流通量: 新札の流通量は徐々に増えていきます。

  • 旧札の回収: 旧札は市中銀行から日本銀行に戻ってきた時点で回収されます。

  • 入れ替わりの期間: おおよそ2年ほどで目にするお札のほとんどが新札に入れ替わると見られています。

  • 旧札の使用: 新札が発行された後も旧札は引き続き使用可能です。

新札の発行開始時期 [1]

  • 発行開始日: 2024年7月3日。

  • 発行準備: 2019年4月に発表され、発行や流通に関する準備が行われてきました。

  • 流通経路: 日本銀行から各金融機関へ配布され、その後窓口やATMを通じて流通します。

新札に描かれる人物

  • 一万円札: 渋沢栄一。

  • 五千円札: 津田梅子。

  • 千円札: 北里柴三郎。

  • 選定基準: 精密な写真や絵が残っていること、品格があること、国民によく知られていること。

  • 共通点: 現代の日本にも通じる普遍的な問題に取り組んだ人物。

新札のデザイン変更理由 [2]

  • 偽造防止: 新しい紙幣のデザイン変更は偽造防止が主な理由。

  • 技術導入: 高精細のすき入れや最新技術を用いたホログラムが導入されます。

  • ユニバーサルデザイン: 額面の数字を大きくし、色味を工夫することで誰でも区別しやすくなります。

  • 歴史的背景: 約20年ごとに主要な紙幣のデザインが大きく変わっています。

旧札の使用状況 [1]

  • 旧札の使用: 新札が発行された後も旧札は引き続き使用可能。

  • 法的通用力: 日本銀行法により、旧札は無制限に通用可能。

  • 詐欺注意: 「旧紙幣が使えなくなるので回収する」といった詐欺に注意。

  • 使用可能な紙幣: 昭和59年発行の一万円券、五千円券、千円券など18種類の紙幣は現在も使用可能。

新札の特徴 [1]

  • 3Dホログラム: 見る角度によって券面の肖像が回転する技術。

  • 高精細すき入れ: 肖像の周囲に施される高精細な模様。

  • 潜像模様: 紙幣を傾けると数字や「NIPPON」の文字が浮かび上がる。

  • マイクロ文字: カラーコピーでは再現できないほど細かい文字。

  • 特殊発光インキ: 紫外線を当てたときに券面の一部が発光する。

新札発行に伴う注意点 [3]

  • 詐欺注意: 「旧紙幣が使えなくなるので回収する」といった詐欺に注意。

  • ATM対応: 自動販売機やATMなども新紙幣対応に変わっていきます。

  • 情報提供: 新紙幣の取り扱い方法や注意事項を十分に案内することが重要。

  • 無人レジ対応: 無人レジやセルフレジも新紙幣に対応するためのシステムアップデートが必要。

Related Videos

<br><br>

<div class="-md-ext-youtube-widget"> { "title": "7\u6708\u767a\u884c\u306e\u65b0\u7d19\u5e63\u304c\u304a\u62ab\u9732\u76ee 1\u4e07\u5186\u672d\u306f\u7d0440\u5e74\u3076\u308a\u306b\u798f\u6ca2\u8aed\u5409 ...", "link": "https://www.youtube.com/watch?v=kbSvbZ87sXg", "channel": { "name": ""}, "published_date": "Jan 19, 2024", "length": "" }</div>

<div class="-md-ext-youtube-widget"> { "title": "\u3010\u65b0\u7d19\u5e63\u3011\u6765\u5e747\u67083\u65e5\u306b\u767a\u884c\u3078 \u30c7\u30b6\u30a4\u30f3\u5909\u66f4\u306f20\u5e74\u3076\u308a \u65e5\u672c\u9280\u884c", "link": "https://www.youtube.com/watch?v=gMwTwBAHdz8", "channel": { "name": ""}, "published_date": "Dec 12, 2023", "length": "" }</div>