Generated with sparks and insights from 29 sources

img10

img11

img12

img13

img14

img15

Introduction

  • 駐車場業界のトップ企業はパーク24で、売上高は2,902億円。

  • 日本駐車場開発が2位で、売上高は262億円。

  • 東京建物が3位で、売上高は219億円。

  • パーク24はタイムズ24を展開し、業界シェアが圧倒的。

  • 2022年の駐車場業界は回復傾向にあり、主要企業5社ともに2ケタ増を記録。

  • パーク24は世界6ヶ国で展開し、グローバルな視点での成長も期待されている。

  • 駐車場業界はM&Aが活発化しており、業界再編のフェーズに入っている。

主要企業 [1]

  • パーク24: 売上高2,902億円、タイムズ24を展開。

  • 日本駐車場開発: 売上高262億円、機械式駐車場有人管理に強み。

  • 東京建物: 売上高219億円、駐車場事業の売上高。

  • 三井不動産販売(リパーク): 売上高520億円、管理運営台数約155千台。

  • 名鉄協商: 売上高270億円、管理運営台数約47千台。

  • 日本パーキング(NPC): 売上高120億円、管理運営台数約42千台。

  • トラストホールディングス: 売上高120億円、管理運営台数約23千台。

  • パラカ: 売上高90億円、管理運営台数約20千台。

img10

img11

img12

img13

img14

img15

業界動向 [2]

  • 2022年の駐車場業界は回復傾向にあり、主要企業5社ともに2ケタ増を記録。

  • コロナ禍の影響で2020年と2021年は減少傾向にあったが、2022年は増加に転じた。

  • パーク24は3期ぶりの黒字を達成。

  • 駐車場業界は中長期的に横ばいで推移している。

  • 不動産市場の活性化や新車販売台数の回復が業績に寄与。

img10

img11

img12

img13

img14

img15

市場規模 [3]

  • 日本の駐車場市場規模は約8,000億円。

  • 2020年4月時点で時間貸し駐車場の事業地数は99,620箇所。

  • 車室数は1,609,500台に上る。

  • 時間貸し駐車場の箇所数は2.8倍、車室数は2.3倍に増加。

  • 2022年度の貸し駐車場売上高は前年度比7.4%増。

img10

img11

img12

M&Aの動向 [1]

  • 駐車場業界はM&Aが活発化している。

  • 東京建物は日本パーキング(NPC)を子会社化。

  • 大和ハウスはダイヨシトラストとトモを子会社化。

  • 大和リースは大井建興とテクニカル電子を子会社化。

  • 日成ビルドは東和工建を子会社化。

img10

img11

img12

img13

img14

img15

グローバル展開 [2]

  • パーク24は世界6ヶ国で展開。

  • オーストラリア、シンガポール、マレーシアに現地子会社を設立。

  • 英国のナショナル・カー・パークスを買収。

  • 新型コロナウイルスの影響で海外でも苦戦。

  • 2022年1月を底に需要は回復に向かっている。

img10

img11

img12

img13

img14

img15

<br><br>