Generated with sparks and insights from 30 sources

img6

img7

img8

img9

img10

img11

Introduction

  • パーク24株式会社: 業界首位で、タイムズパーキングやタイムズカーシェアを運営。売上高は約1,550億円、管理運営台数は約573千台。

  • 三井不動産リアルティ株式会社(リパーク): 売上高は約520億円、管理運営台数は約155千台。

  • 名鉄協商株式会社: 売上高は約270億円、管理運営台数は約47千台。

  • 日本駐車場開発株式会社: 売上高は約150億円、管理運営台数は約43千台。

  • パラカ株式会社: 時間貸し駐車場を運営し、自社で土地所有する駐車場を拡大。

  • アズーム株式会社: 駐車場の管理運営を行い、全国で空き地を借り上げて時間貸しの駐車場や駐輪場を運営。

  • トラストホールディングス株式会社: 直営や運営受託方式の駐車場が主軸で、マンション事業も手掛ける。

  • 日本システムバンク株式会社: 全国でコインパーキングを運営し、駐車場用機器の外部販売も行う。

業界動向 [1]

  • 2022年の駐車場業界は回復傾向にあり、主要企業5社ともに2ケタ増を記録。

  • コロナ禍の影響で2020年と2021年は業績が低迷したが、2022年には回復。

  • パーク24は2022年に3期ぶりの黒字を達成。

  • 駐車場業界全体の売上高は2019年のピーク時の約9割まで回復。

  • カーシェアリングの普及が駐車場業界に影響を与えている。

img6

img7

img8

img9

img10

img11

主要企業の詳細 [2]

  • パーク24株式会社: タイムズパーキングやタイムズカーシェアを運営。売上高は約1,550億円。

  • 三井不動産リアルティ株式会社(リパーク): 売上高は約520億円。

  • 名鉄協商株式会社: 売上高は約270億円。

  • 日本駐車場開発株式会社: 売上高は約150億円。

  • パラカ株式会社: 時間貸し駐車場を運営。

  • アズーム株式会社: 全国で空き地を借り上げて時間貸しの駐車場や駐輪場を運営。

  • トラストホールディングス株式会社: 直営や運営受託方式の駐車場が主軸。

  • 日本システムバンク株式会社: 全国でコインパーキングを運営。

img6

市場規模 [3]

  • 2022年の駐車場業界の市場規模は回復傾向にあり、ピーク時の2019年と比べて約9割まで回復。

  • 2022年の貸し駐車場の売上高は前年度比7.4%増。

  • 時間貸し駐車場や公共施設・商業施設の駐車場の供給台数は2023年3月末時点で556万台。

  • パーク24の国内駐車場運営台数は79万648台で業界トップ。

  • 駐車場業界全体の売上高ランキングでは、パーク24が圧倒的なシェアを誇る。

img6

img7

img8

カーシェアリングの影響 [1]

  • パーク24のタイムズカーシェアは国内で64%のシェアを持つ。

  • タイムズカーシェアの車両台数は約30,000台、ステーション数は14,188か所。

  • カーシェアリングの普及により、駐車場の利用が増加。

  • パーク24はカーシェアリング事業を強化し、長期利用の促進を図っている。

  • コロナ禍ではマイカーやシェアリングサービスの利用者が増加。

img6

img7

img8

img9

img10

img11

海外展開 [1]

  • パーク24は世界6ヶ国で駐車場事業を展開。

  • 2016年にセキュア・パーキングのグループ会社を買収し、オーストラリア、シンガポール、マレーシアに現地子会社を設立。

  • 2017年には英駐車場の「ナショナル・カー・パークス」を買収。

  • 主要展開国である英国では、2020年12月のロックダウンの影響で駐車場の稼働が大幅に低下。

  • 2022年には需要が回復し、コロナ前の9割まで水準を戻している。

img6

img7

img8

img9

img10

img11

<br><br>