Generated with sparks and insights from 9 sources

img10

img11

img12

img13

img14

img15

Introduction

  • FirecrawlはDify v.0.6.11で注目を集めている機能の一つです。

  • Firecrawlはウェブサイトをクローリングし、クリーンなマークダウンや構造化データに変換することができます。

  • Firecrawlを使用することで、該当サイトのURLを渡すだけでクローリング、スクレイピング、ベクトルDBへの保存が一瞬で可能です。

  • FirecrawlにはSaaS版とOSS版のサービスがあり、OSS版は無料で利用できます。

  • 有料プランでは、19ドルで3000ページ、99ドルで10万ページまでスクレイピングが可能です。

  • Dify 201に参加すると、専用のFirecrawlサーバーを立ち上げて利用することができます。

Firecrawlの基本機能 [1]

  • Firecrawlはウェブサイトをクローリングし、クリーンなマークダウンや構造化データに変換します。

  • 該当サイトのURLを渡すだけで、クローリング、スクレイピング、ベクトルDBへの保存が可能です。

  • FirecrawlはDify v.0.6.11で導入され、注目を集めています。

  • FirecrawlはSaaS版とOSS版のサービスが提供されています。

  • OSS版は無料で利用でき、SaaS版は有料プランがあります。

img10

img11

img12

img13

img14

img15

Firecrawlの利用方法 [1]

  • Firecrawlを利用するには、該当サイトのURLを渡すだけでクローリングが開始されます。

  • クローリングされたデータはクリーンなマークダウンや構造化データに変換されます。

  • Dify 201に参加すると、専用のFirecrawlサーバーを立ち上げて利用することができます。

  • FirecrawlはDifyのRAG(Retrieval-Augmented Generation)機能と連携して使用されます。

  • Firecrawlの利用には、Difyの最新バージョンが必要です。

img10

img11

img12

img13

img14

Firecrawlの料金プラン [1]

  • FirecrawlのOSS版は無料で利用できます。

  • SaaS版の有料プランは19ドルで3000ページまでスクレイピングが可能です。

  • 99ドルのプランでは10万ページまでスクレイピングが可能です。

  • 有料プランを利用することで、より多くのページを効率的にスクレイピングできます。

  • Dify 201に参加すると、専用のFirecrawlサーバーを利用することができます。

Dify 201との連携 [1]

  • Dify 201に参加すると、専用のFirecrawlサーバーを立ち上げて利用することができます。

  • Dify 201では、Firecrawlを利用してクローリング、スクレイピング、ベクトルDBへの保存が可能です。

  • Dify 201のプログラムには、Firecrawlサーバーの利用が含まれています。

  • Dify 201では、最新のDifyがインストールされたVMを利用できます。

  • Dify 201の参加者は、FirecrawlのOSS版とSaaS版の両方を利用することができます。

Firecrawlの利点 [1]

  • Firecrawlはウェブサイトをクリーンなマークダウンや構造化データに変換することができます。

  • 該当サイトのURLを渡すだけで、クローリング、スクレイピング、ベクトルDBへの保存が一瞬で可能です。

  • FirecrawlはDifyのRAG機能と連携して使用されます。

  • FirecrawlのOSS版は無料で利用でき、SaaS版は有料プランがあります。

  • 有料プランでは、19ドルで3000ページ、99ドルで10万ページまでスクレイピングが可能です。

<br><br>